デジタル機器の進化に伴って、音楽データの形式もだいぶ変わってきたと思います。 昔は家で音楽を楽しむならレコードを利用していました。その後カセットテープ、CD、MDと進化してきて、現在はデジタルオーディオプレーヤーで様々な形式の音楽データが再生できるようになっています。 私もMP3プレーヤーを持っていますが、もはやこれも既に古い形式と言えるかもしれません。CDでの音楽データ管理に比べると遥かに手軽に大容量の音楽が管理できるので、私としてはとても便利な形式だと思っています。 音楽は、データの方式によっては聞こえ方が違うと言います。でも、幸か不幸か私にはそれほど素晴らしい耳が備わっていません。明確な音割れとかなら分かるけれど、音楽の質感の違いまで聞き分けることができないのです。なので、データによる音質の違いにはあまり頓着しておらず、管理性でデータ方式を選んでいると言っても過言ではありません。 家庭で音楽を楽しむ分には充分に機能するシステムもあるので、おかげで昔に比べると音楽に触れる機会は増えていると思います。

Copyright © 2002 www.topdoll.net All Rights Reserved.