腰の痛みを訴える人は多いのですが、そのもとを正していくと、原因は千差万別でピンからキリまであります。ここで、いちばん大事なことは、病院の整形外科で、まずは、その原因を確かめることです。とくに長引いてしまっている場合には、早めに診察をしてもらうことです。それから家庭でできる療法をしていくことです。最初から自分だけで判断して家庭療法だけしていると、手遅れの状態となってしまうこともあり、危険です。最悪の場合には、緊急的な手術の必要もあるガン性の腰痛も存在するからです。そこまでではないにしても、変に腰を動かしてしまい、症状を悪化させることにもなりかねません。近所の人がよくなったからといって、自分もまねしたら背骨はつぶれて両足に麻痺がくるようになってしまったといった事例もあります。生兵法はけがの元といいます。腰痛は生活上大変な妨げとなりますから、できるだけ早く信頼のおけるところでの診察をおすすめします。

Copyright © 2002 www.topdoll.net All Rights Reserved.